TOPICS

最新のプロジェクト

 Kebbi Air サーマルカメラキットの販売及びサーマルカメラを使ったアプリケーションの開発を開始いたしました。 昨今のコロナ第2波で店舗/会社等の入り口で検温が必要となっております。ロボットのKebbi Airが施設の入り口で検温チェックをする事により、人的作業の削減/検温者のコロナ感染リスク低減を実現いたします。 サーマルカメラ標準機能 【搭載機能】 ・デュアル検温システム搭載、正確な検温 ・環境温度センサーと赤外線センサーによる自動補正機能 ・マスク検知機能 ・ロボットが発話するアナウンス設定機能 ・設定した条件での通知機能、デイリーレポート機能 またサーマルカメラ機能を搭載したカスタムアプリケーションの開発も可能です。ご興味ございましたら、弊社コンニャクタントまでお気軽にお問合せください。

NEWS

お知らせ

 Kebbi Air サーマルカメラキットの販売及びサーマルカメラを使ったアプリケーションの開発を開始いたしました。

昨今のコロナ第2波で店舗/会社等の入り口で検温が必要となっております。ロボットのKebbi Airが施設の入り口で検温チェックをする事により、人的作業の削減/検温者のコロナ感染リスク低減を実現いたします。

サーマルカメラ標準機能

【搭載機能】

・デュアル検温システム搭載、正確な検温

・環境温度センサーと赤外線センサーによる自動補正機能

・マスク検知機能

・ロボットが発話するアナウンス設定機能

・設定した条件での通知機能、デイリーレポート機能

またサーマルカメラ機能を搭載したカスタムアプリケーションの開発も可能です。ご興味ございましたら、弊社コンニャクタントまでお気軽にお問合せください。

2020年11月30日に草加商工会議所様の受付へKebbi AirのPoC導入を実施いたしました。

Kebbi Airはオリジナルアプリを搭載し、受付のご相談に合わせて発話~担当者呼び出しを実施いたします。また担当者に声が届きづらい為、離れた場所にBluetoothスピーカーを設置し、Kebbi AirがBluetooth経由で離れた担当者を呼び出す仕組みを搭載いたしました。

お近くへお立ち寄りの際は、是非草加商工会議所様のKebbi Airに会ってきてくださいね。

弊社では現在Kebbi Airの導入キャンペーンを実施しております。導入や開発にご興味ございましたら、お気軽にお問合せください。

 弊社は2020年6月に販売開始されました、AIコミュニケーションロボット「Kebbi Air」の開発パートナーに認定されました。

 日本市場での価格(定価)は14万8千円(税抜)になり、言語は日本語、英語、中国語に対応。音声認識、音声合成、顔認証などのライセンスフィーやファームウェアのアップデート等のサポート費用として月額1,500円(税抜)が別途必要となるが、業界内では最安に位置づけられる価格帯となっています。また、修理・保証パック(オプション)も別途提供予定です。
 さらに新型コロナウイルス感染拡大防止策として、様々な場所での体温検知が重要になってきている環境を鑑み、「Kebbi Air」と連動した体温検知ソリューションを近々、提供開始する予定です。

もしご興味ございましたら、是非お問合せください。

PARTNERS

弊社の強力なパートナーのご紹介です